女性の一人暮らしを悟らせない!今すぐできる防犯対策、5つのポイント

女性の一人暮らしを悟らせない!今すぐできる防犯対策、5つのポイント

女性の一人暮らしってなんか心配。

もし犯罪や事件に巻き込まれたらどうしよう?
・・・って、毎日が不安ではありませんか?

 

どんな防犯対策をすればいいの?と悩んでいるなら、
まず、「女性の一人暮らし」を悟れない工夫から始めるべきです。

 

以下に、防犯対策のポイントをあげておきますので、
ぜひ参考にしてみてください。

 

1.表札や郵便受けにフルネームを書かないこと
外から見える場所に名前を出すのは、
一人暮らしを宣伝しているようなものです。
名字だけのものに今すぐ取り替えましょう。

 

2.洗濯物を外に干しっぱなしにしないこと
夜になっても洗濯物がとりこまれていないと、
一人暮らしでは?と見抜かれてしまいます。
帰宅が遅くなるようなら、できるだけ室内干しを心がけましょう。

 

3.個人情報の掲載された書類は、シュレッダーにかけること
クレジットカードの領収書や郵便物など、
個人情報が記載された書類はシュレッダーにかけて捨てましょう。
郵便物を長時間郵便受けに放置していると、盗まれてしまう危険も!
早めの回収を心がけたいです。

 

4.玄関と室内の間は、カーテンで目隠ししておく
他人に部屋をのぞかれた場合に備えて、
玄関と室内の間にカーテンで目隠ししておくと安心です。
これなら、女性の一人暮らしなのか?家族と同居なのか?・・・悟らせないですみますね。

 

5.男性ものの洗濯物を干す、玄関にも靴を置く

男性ものの洗濯物を一緒に干しておけば、

女性の一人暮らしを悟られにくいですよね。(^^)

 

ただし、いつも同じ衣類ばかり干していると、
カモフラージュがバレてしまう可能性も・・・。
できるだけいろんなパターンの男性衣類を用意しておくと安心です。

 

ついでに、玄関には、男性モノの靴を置いておきましょう。
万が一、部屋をのぞかれた場合でも、
男性用の靴があれば、空き巣も警戒するはずです。(^^)

 

ほんの少しの心がけが、犯罪から身を守ってくれます。
できることから始めて、自らの防犯意識を高めていきましょう!

 

女性の一人暮らしが不安なら、まずは資料請求!

あなたにぴったりのホームセキュリティーが見つかります

↓↓↓↓↓